永久脱毛でいじめが解決できるのか

子どもに永久脱毛を受けさせる親に多いのが、子どもが学校でイジメにあっているケースです。生まれつき体毛の濃い子どもが、それをネタにイジメられていることを知り、それを解決しようと永久脱毛を受けさせるのです。

子どもを持つ親であれば、たしかに気持ちはわかります。

子どもは望んで毛深く生まれたわけではありません。
毛深いのは遺伝の問題ですので、親である自分たちを責めたくなる気持ちになります。


子どもに申し訳ないと感じ、なんとかしなくてはと考えた結果、永久脱毛という手段を選択するのです。
しかし、本当にそれでよいのでしょうか。

毛が薄くなれば問題は解決するのでしょうか。毛深かった子どもがいきなり毛が薄くなれば、今度はそれをネタにイジメられるようになることもあります。



多くの場合、毛が薄くなったところでイジメはなくなりません。
もしそれでイジメがなくなったとしても、それは子ども自身が解決したわけではありません。

親がお金で子供同士の問題に介入し解決したことになります。

イジメられるということは、大人でも辛いことです。

職場でのイジメが原因で仕事を辞めてしまう人も少なくありません。



繊細な子どもであれば、本当に計り知れない辛さでしょう。


その後の人生に大きく影響してくるのは間違いありません。

しかし、どう解決するかによって、どう影響してくるかも変わってきます。

毛が濃いことをからかわれるのであれば、それを上手くかわす方法を身につけるべきです。


上手くかわせれば、イジメにまで発展しませんし、からかわれなくなります。
永久脱毛で体毛の悩みを解決するだけでなく、心を強く持つことを考える必要があるでしょう。