永久脱毛は本当に永久なのか

永久脱毛という言葉にはどのような定義があるのでしょうか。言葉のとおり、永久に毛が生えてこなくなる脱毛法、となんとなく考えている人も少なくはないでしょう。

しかし、永久脱毛という言葉にはハッキリとした定義はありません。

いわば俗語なのです。そうであれば、その言葉が指すように、やはり永久に毛が生えてこなくなる脱毛法という意味合いで良いのでしょうか。

実はちょっと違うのです。


永久脱毛は永久に毛が生えてこなくなる脱毛法ではなく、半永久的に毛が生えてこなくなる脱毛法なのです。
現在、完全に毛が生えてこなくなるという脱毛法は存在しません。



個人差がありますので、死ぬまで毛が生えなくなる人もいるでしょう。

しかし、人によっては数年も効果が持たないこともあります。

つまり、正しく表現すると半永久脱毛と呼べるのです。

しかも現在、永久脱毛と呼ばれる施術法は大きく三つの種類に分けることが出来ます。
医療機器であるレーザー照射機を使うレーザー脱毛、美容機器である光照射機を使用するフラッシュ脱毛、毛穴に針を刺し微弱電流を流すニードル脱毛の三つです。

いずれも毛根周辺細胞を焼くことを目的とした施術法ですが、効果の持続性は大きく変わってきます。



レーザー脱毛やニードル脱毛は持続性が高い施術法ですが、フラッシュ脱毛は他の二者に比較するとあまり持続性は高くありません。ただしフラッシュ脱毛は安くて痛みも少ないので人気の脱毛法となっています。

エステ 東京についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

自分に合った施術法を選ぶと良いでしょう。