永久脱毛の種類について

永久脱毛とは、半永久的に毛が生えてこなくなるように体質を変化させる施術法です。

しかしその方法は一つではありません。

大きく三つの方法に分けることが出来ます。

まずは現在永久脱毛の主流と呼ぶべき医療レーザー脱毛です。

病院やクリニックなどの医療機関のみで受けることが出来る施術法です。

もちろん自由診療なので保険適用はありません。医療機器であるレーザー放射機を使用し、毛根の周辺細胞を焼いてしまうという方法です。

レーザーは黒に吸収される特性がありますので、日焼けをしている人や肌の黒い人は受けることが出来ません。



毛の生え変わる周期に合わせて数回から十数回にわたり施術を受けることで効果を得ることが出来ます。

次にフラッシュ脱毛です。
フラッシュ脱毛も脱毛のメカニズムは医療レーザー脱毛と似ていますが、決定的に違う部分があります。それは医療機器ではないという点です。

ヘッドスパ情報の公開中です。

つまり医師でなくとも扱うことが出来る美容機器なのです。

主にエステサロンで受けることが出来ます。

極論ですが、フラッシュ脱毛に使用する機器は何も資格を持っていない日雇いアルバイトでも扱うことが出来る機器です。


それ故に安全対策として、レーザー脱毛ほど高い出力を出せなくなっています。



つまり、レーザー脱毛と比較すると永久脱毛としての効果はどうしても劣ってしまうのです。
ただしレーザー脱毛よりも価格相場は安い上に痛みも少ないので、人気のある脱毛法ではあります。

最後はニードル脱毛です。
毛穴一つ一つに針を刺し、そこに微弱な電流を流すという方法です。痛みも強く時間もかかる上に施術する人の技量で結果が左右されやすい施術法ですので、最近は受ける人が少なくなっています。